お問い合わせ会社概要プライバシー・ポリシー

bookEmysEye Message to you Q&A 1日体験講座 Access Map ファシリテーター 北海道日本ハムファイターズ キャンドルナイトカフェ 原宿・表参道 神戸日記 インターンシップ・レポート

一緒にがんばりましょう!

現場に改革のエンジンがなければサービス創造企業づくりは実現できません。
だからこそ、経営者や管理者は、社員一人ひとりを熱い気持ちにさせることを常に最重要テーマとして、自らの思いをわかってもらう努力を続けることが不可欠です。
とは言っても、どんな仕掛け?どこから着手するか?と悩まれる経営者も多いのではないかと思います。
たとえば、毎月給与明細と一緒に新入社員に心をこめた「ひとことカード」を・・・
なんて仕掛けはいかがですか・・・
ここでは戸惑っている新入社員の皆さんに社長から半年間応援メッセージを送り続ける・・・
という想定で書いてみました。
ヒントにしていただければ幸いです。

 


4月 The 1st Message to you

 入社おめでとうございます。皆さんに入社していただき、嬉しい気持ちでいっぱいです。

 会社は皆さんが羽ばたくためのステージです。「組織に使われるのではなく、組織を使って仕事をするのだ!」という気概を持ってすべての仕事に臨んでください。採用面談時に力強く「やりたいことがある」と言ったことはまだ忘れていませんね!「何のためにこの会社に入ってきたのか?」いつも原点に立って考え、良いと思ったこと、やりたいことは躊躇せず実行してください。
 何でもはじめの一歩目は苦しいものです。でも、苦しさの先にある喜びに向かって踏み出してください。一歩進めば景色は変わり、必ず何かと出合えます。行動に移さなければすべての可能性は潰されます。失敗もすると思いますが、小さなミスにいつまでもくよくよせず、挑戦を楽しむ気持ちで臨んでください。楽しむ気持ちが必ず次のチャンスを呼び込んでくれます。

 


5月 The 2nd Message to you

 だいぶ仕事に慣れてきたと思います。人は仕事に専念すればするほど目の前のことだけを考えがちになりますが、いつも少し先の到達像を描き、目標に近づくよう行動することが重要です。夢に近づく試練だと思えば何だって辛くないし、ファイトがわきます。順境に満足せず、逆境に悲観せず、いつも夢に向かって挑戦するよう心がけてください。

 でも、次へ行く前には必ず反省会をしてください。「なぜ○だったのか」「なぜ×だったのか」書きとめておくことはとても重要です。成功や失敗の原因を把握しておくことこそ成長への近道なのです。そして、一歩でも進んだ自分を「よくやったね!」とほめてあげることが大切です。それが明日の勇気と自信につながるからです。

 


6月 The 3rd Message to you

 入社して3ヶ月経ちましたね。新たな出会いに戸惑いながらも猛烈なスピードで様々なことを習得している最中だと思われます。「これだけ努力しているんだからお客さまは満足するはずだ」「立て板に水のプレゼンをしているんだから相手は十分理解しているはずだ」私たちはこうした考え方に陥りがちです。自分のことが一番見えないのは自分です。自己評価をすると、出来ていない人ほど自分に高い点数をつけます。わかっている人は次の課題が見えているから「まだまだ!」と満足せず、自分に厳しい点数をつけます。

 自己満足を戒めるためにも、皆さんの仕事振りを客観的に見てくれている上司やメンバーの意見には真剣に耳を傾けてください。また、皆さんに言いづらいことをズケズケ言ってくれる友人や知人は貴重な存在です。何が足りないか常日頃から自己点検すると同時に、「良薬は口に苦し!」そんな存在になってくれる人を絶対に失わないよう大切にしてください。

 


7月 The 4th Message to you

 入社して4ヶ月経ちましたね。サービスのプロは現場(顧客接点)に学習の神様が宿っていることをよく知っています。だから「お客さまから学ぶ」「お客さまのために学ぶ」という姿勢を貫きます。困った時や明日を手探りする時も、上司の顔色を思い浮かべず「それは、お客さまにとって重要なことだろうか?」そう問いかけながら行動しています。だからこそサービスのプロはステージ(現場)で輝いています。皆さんも「仕事している時が一番いい顔してるよ!」「接客している時が一番楽しそうだね!」そう言われるようにがんばってください。

 知性とは、人と人との交流の中で培われる社会的な柔軟性です。決して座学だけで身につくものではありません。お客さまの「笑顔」と出会うために、お客さまの「ありがとう」を聞くために、現場でチャレンジを続けていくことが知性を磨く最も近道なのです。

 


8月 The 5th Message to you

 入社して5ヶ月経ちましたね。皆さんには将来リーダーとしての役割期待があります。リーダーシップの発揮とは、管理職として権限行使することではありません。役職についていない今こそが、素晴らしいリーダーになるための重要な訓練の時期なのです。

 リーダーには力強さと優しさの両面が不可欠です。メンバーへの「目配り」「気遣い」「心尽くし」を忘れないことが大切です。人を引きつけ、メンバーのやる気を引き出す最大のポイントは「感謝すること」「ほめること」「ねぎらうこと」です。「あなたのサービスがこのお店を支えています。お客さまづくり、ありがとう!」「売上、成績伸ばしていますね。目標達成おめでとう!」「自分磨きに励んでいるようですね。決まってるね!」・・・あなたもそう云われると元気、勇気、やる気が倍増しますよね。メンバーをよく理解し、一人ひとりの心にしみる刺激をすることが重要です。

 


9月 The 6th Message to you

 早いもので入社して半年経ちましたね。今日がニューチャレンジャーの皆さんへの最後のメッセージとなりました。今後大きく羽ばたいていただきたい皆さんゆえに、今日はほんのちょっとだけ戒めの言葉を申し上げたいと思います。それは、「専門性」は日増しに高めなくてはなりませんが、「初々しい気持ち」は決して失ってはならないということです。お客さまにとって特別な日が、皆さんにとっては慣れた日常になってしまうことが一番怖いことです。この先どんな仕事に就いても「はじめて売れたときの喜び」を思い出してください。この「永遠の瞬間」には全てが凝縮されています。ベテラン歌手の記念コンサートでも、ひときわ拍手が多く、会場の雰囲気がクライマックスを迎えるのはやはり「デビュー曲」ですね。「はじめて売場に立ったときの緊張感」「はじめて売れたときのお客さまが喜ぶ顔や姿」を具体的に思い浮かべながら、自分自身のクォリティを高め、真のサービスのプロになれるようチャレンジを続けてください。何ごとも原点に帰ることが最大のヒントになります。私も、初心を忘れず、いつまでも夢を追い続けるつもりです。 一緒にがんばりましょう!