お問い合わせ会社概要プライバシー・ポリシー

bookEmysEye Message to you Q&A 1日体験講座 Access Map ファシリテーター 北海道日本ハムファイターズ キャンドルナイトカフェ 原宿・表参道 神戸日記 インターンシップ・レポート

~お客さまとダイレクトに語り合う講座~
ライフスタイル探検隊セッション

ライフスタイル探検隊セッションとは、お客さま代表が実際にお店や現場に行って感じたことを率直に受講生に伝え、それについて受講生とツーウェイで語り合いながら新たな気づきや発見に結びつけることを目的とした講座です。



今回は百貨店入門を模索する若い女性お二人に「百貨店ファン」になってもらおうというテーマで
セッションしました。

今回のライフスタイル探検隊 お二人のプロフィール

・新・社会人(23歳女性)
・普段あまり百貨店を利用していません。あまり特徴やメリットを知りません。
・でも本当は百貨店をもっと使いこなせたらいいなと思っています。
・でも、若者への百貨店からのアプローチはあまり感じられないし、 どのように入門したら良いのか、よくわからないんです。

望月祐佳さん
Foodoctor心×食の医者、Mealink総代表、
NPOウィメンズ日本酒会、 精神保健福祉士専門学生
山田実季さん
アクセサリー作家、attributeデザイナー・製作者

 

マーケティング

普段からショッピング等を楽しんでいます。

 

事前ミーティング

現在のお二人のプロフィールや百貨店のイメージを伺いました。

 

顧客目線からの具体的なセッション

お二人の率直で具体的な意見を伺いました。

受講生のみなさんも真剣に聞き入っています。

様々なテーマについてセッションが行われました。

 

 

セッション受講者の気づき・振り返り

 今回のセッションでは様々なテーマについて語り合い、新しい発見をすることができました。 若い世代のお客さまへのアプローチや情報の取り方など、 百貨店のプロとして従来型ではダメだということがセッションで改めて明らになりました。
 お客さまとしてのお二人とのダイレクトなセッションで、具体的に気づきを得ることができ、 次に繋げる新たな課題を見つけることが出来ています。

今回、ライフスタイル探検隊セッションを受講され、百貨店で企画を担当されている石井朋史さんに実際の気づきを伺いました。


石井朋史さん

 今回、お二人のお話を聞いてたくさんの気づきを得ることができました。 例えば、若い世代の顧客へ情報を伝える難しさ。百貨店として発信しているつもりになっていることが伝わっていなかったことや顧客視点に立てていなかったことがわかりました。 若い世代では情報の取り方(FacebookやLINEなどのSNS)や商品・サービスに対する価値観が根本的に変化していて、それをしっかりと捉え、仕事の仕方を変えていかないと百貨店ファンはつくれないと痛感しました。

 

今後もドリームインスティテュートでは、多様な顧客層の方々にお店や現場を見ていただき、受講者と様々なテーマ・顧客視点に合わせて率直に語り合うライフスタイル探検隊セッションを実施していきたいと思っています。