お問い合わせ会社概要プライバシー・ポリシー

bookEmysEye Message to you Q&A 1日体験講座 Access Map ファシリテーター 北海道日本ハムファイターズ キャンドルナイトカフェ 原宿・表参道 神戸日記 インターンシップ・レポート

インターンシップ体験記

2017年度は法政大学 キャリアデザイン学部 キャリアデザイン学科から2名のインターンシップ生を迎え入れました。 1ヶ月間のインターンシップ体験についてお話していただきました。

橋本彩月さん
法政大学 キャリアデザイン学部 2年

大学では音楽サークルに所属し、サックスとエレキベースをやっています。演奏会やイベントを、 みんなで企画してつくり上げていくことが好きです。   


早迫慶佳さん
法政大学 キャリアデザイン学部 2年

スポーツが好きなので、中学から続けているバレーボールのサークルに所属して日々体を動かしています。大学では、社会学の観点から人について学んでいて、授業でのディスカッションを通して学びを深めています。

 

 

◆なぜインターンシップ先として、 ドリームインスティテュートを選びましたか?

橋本さん:部活やサークルで幹部を務めた経験から人をまとめることの難しさやリーダー シップの大切さを学び、そこから人材育成・人材活用の分野に興味を持ったので 志望しました。

早迫さん:授業で人の活かし方や人材の育て方について学んだ時に、「人との関わりや心の あり方で仕事の意識が変わる」ことを学び、強く関心を抱いたことがきっかけです。 実際の現場を見て学びたいと思い、人材育成の研修を行なっているこの会社に 決めました。


受講生が快適に過ごせる 空間づくりをしています。

研修のために色々な準備があります。

 

◆インターンシップで学んだことは何ですか?

橋本さん:日々の業務や研修での受講生へのサポートを通して、社会人として必要な能力と、 自分に足りない部分を知ることができました。特に業務の効率やスピードだけではなく、 相手のことを想った気遣いが周りの人の安心感や信頼感につながるということを学びました。

早迫さん:仕事をする上で必要なスキル、姿勢を学びました。会社に勤務するにあたって必要な環境の整備、立ち振る舞い、事前準備の大切さ、目上の方へのご挨拶など、将来社会人として働く際に必要になることを丁寧に教えていただきました。 また、研修のオブザーブやドリームインスティテュートの方との関わりを通して、仕事をする上で人の内面や成長に目を向けることや、積極的にコミュニケーションを 取ることも重要だということを学びました。

 

◆マーケティングを実践してみていかがでしたか?

橋本さん:ネット上で知識を得るだけでなく、実際にいくつかの店舗に行って店づくりと 企業コンセプトの繋がりを見つけて深掘りしていくのが楽しかったです。 また、研修では受講生に混ざりディスカッションに参加させていただき、 学生とは違った話し方、考え方を感じることができたことはとても刺激になりました。


企業の受講生と同じ課題に取り組み、研修では実際のセッションに参加しました。

 


◆大手企業の人事部訪問でインタビューをしてみていかがでしたか?

橋本さん:話の流れや事前の下調べなど時間を かけて準備しましたが、緊張して上手く質問できなかったところもあり、インタビューの難しさを痛感しました。 オフィスの見学では初めて仕事の現場を 肌で感じ、自分が社会に出て働くことへ の憧れが強くなりました。

早迫さん:実際の企業に赴いて、働いている方に インタビューを行うのは初めてだったので 緊張しましたが、お話を伺えたことで自分の 視野や興味を持つ世界を広げる貴重な経験と なりました。また、オフィス見学において 働いている方々の雰囲気や活気・表情など、 普段は知ることのできない「企業の姿」を 見ることができ、自分が働いている将来像の イメージを膨らませるきっかけにもなりました。


 

◆実習中に出会った印象的なシーンはありますか?

早迫さん: ライフスタイル探検隊という、若い人たちへのアンケート調査の統計に携わらせてい ただいたことです。同じ項目について学生視点と社会人視点の比較を行い、特徴や意識の差を数字で見て分析をしました。当たり前だと思っていたことが実は自分の 年齢層独特の特徴だったり、複数の回答を組み合わせて考えることで 見えてくる事実があったり...と様々な発見をし、私たちの年代を客観的に考えられたことが印象的でした。

 

◆どんなことを今後に活かしていきたいと思いましたか?

橋本さん: 様々な企業の方と関わる機会を頂けたことで、自分の性格や将来やりたいことを考えるきっかけになりました。これからは何事においても自分には向いてない、 できないと諦めるのではなく、チャレンジする気持ちを忘れずに頑張りたいです。

早迫さん: 何かを考えたり、学ぼうとする時、できるだけ視野を広げて考える姿勢が大事だと思いました。研修のオブザーブやディスカッションに参加させていただいた経験から、 他との比較を行うことで、それまで見えてこなかった強みや特徴が自然と浮かび上がってくることを実感しました。これからの生活や勉強においても、何かを考える時は一度 「外の世界を見る」ことを心に留め、様々な視点から物事を考えていこうと思います。

 

1ヶ月間お疲れ様でした!