お問い合わせ会社概要プライバシー・ポリシー

bookEmysEye Message to you Q&A 1日体験講座 Access Map ファシリテーター 北海道日本ハムファイターズ キャンドルナイトカフェ 原宿・表参道 神戸日記 インターンシップ・レポート

自分を見つめ〝大切な人を想う″


「いつかこのスタジオで・・・」若い仲間たちの想い

 以前から、ドリームインスティテュートでインターンシップを経験した仲間たちと「このスタジオが持つ温かい雰囲気と自然な優しさを活かしたイベントをいつかやってみたい」と話し合っていました。Café & Learningというスタジオのコンプトも取り入れながら、人と人との出会いやつながりの輪を広げることに貢献できるイベントは?・・・と考えたとき最初に浮かんできたのが『キャンドルナイトCafé』でした。「キャンドルの優しい灯りと集まった人々とスタジオがコラボレーションしたら一体どんな素敵な空間が生まれるだろうか!?」という思いはすぐに共有化されました。そして、共感する8名の若い仲間たちが集まって実行プロジェクトを編成し、企画が進められることになりました。何度もミーティングを重ね、熱いディスカッションを繰り広げながら、ついに2013年6月1日「自分と向き合う時間を過ごそう」というテーマで『キャンドルナイトCafé』が開催されました。

ゆったりとしたくつろぎの時間 描いた絵を持ち、楽しそうな皆さん

 

心温まるひとときを楽しみました

 イベントは、手紙を書くワークショップと〝CaféBar″(懇親会)の二部構成で行ないました。手紙を書くワークショップでは、参加者一人ひとりが“自分を見つめ、大切な人を想う”ことに真剣に取り組みながら、心温まるひと時を楽しんでいました。また〝CaféBar″では、参加者同士が楽しそうに語り合い、交流の輪が広がりました。こうして2時間半のイベントは、あっという間に時間が過ぎていきました。皆さんからは「温かい気持ちになれた」「身近な人に感謝の気持ちを伝えたくなった」「人生について考える時間になった」など、心温まる感想をたくさんいただきました。

実行委員のメンバーたち  

 

今後はさまざまな年代の方が楽しめるイベントへ

 今回参加してくださった方は20代の社会人や学生約20名ほどでした。今後は様々な年代の方々に楽しんでいただけるテーマで、いろいろなイベントを企画していきたいと思っています。普段とは違った〝DreamCafé″の雰囲気をぜひ味わいにいらしてください。

CafeBarの楽しそうな様子  

 


レポーター:成嶋里香
『キャンドルナイトCafé』実行プロジェクトリーダー
ドリームインスティテュート・アシスタントコーディネーター